書院戸 図柄は富士

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も残すところあと少し!
通勤途中の高台から、真っ白な富士山が
クッキリと見える季節となってきました。

さて、書院の建具などは格式のある建物で見たり、
新築の家に取り入れたりするものだと思っていましたが、
約100年前の書院戸を頂戴してしまいました。

ダイナミックで優雅な曲線の富士!
手前には三艘の帆掛け舟と松林。鳥も三羽飛んでいます。
壮大な美しい構図に思わずため息。
4枚の建具には反りも欠損箇所も見あたりません。

細部の汚れを丁寧に拭っていると職人さんの感性の鋭さと、
技巧を尽くした職人気質がビンビンと伝わってきます。
例えば雲を表す横桟には、かすかに波打つ加工が施してあります。

更に、松の木々を1cm程の太さのムクゲの枝で表現しているのです。
何故にムクゲの枝なのか?生け花では「生花の配(くば)り」
を作るのに、同じぐらいの太さの枝を剣山の代用として使うと、
知人が教えてくれました。もしかしたら製作者は生け花をも
たしなんでいたお人ではないかと想像が広がります。

磨りガラスを外して軽くし、飾ってみたところ凄く良い感じ!
朝に夕に眺めていても見飽きるということがありません。

大工さんに写メすると
「超〜カッコいいですな!」と
返信がありました。

此処には箒にまたがっ魔女が、空気の動きで向きを変えながら
飛んでいます。

この構図は西伊豆から駿河湾越しに見た富士山だと思われるので、
魔女は駿河湾の上を飛んでいることになります。
カオスの部屋になってきました。

伊豆高原の進捗状況ですが、年明け早々に足場を外します。
竣工は2月末です。

三枝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にご相談ください

  • 見学会情報はこちら
  • 資料・お問い合わせ
  • 電話でのお問い合わせ