木造軸組工法で建てる準耐火仕様の家

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日世田谷で2階建ての住宅の棟上げをいたしました。

このお宅の場所は、都と区が連携して建物の不燃化を推進して燃えない街づくりを
広めようという趣旨で、新たな防火規制区域(不燃化特区)という地域に指定され
ています。

新たに建物を建てる際は、準耐火以上の耐火仕様にしないといけませんので、この
お宅は木造軸組工法で建てられていますが、準耐火仕様の設計となっております。

いくつかの条件を満たせば、木造の特徴を生かした設計が可能です。

これからは、都市部では耐火性能を備えた仕様の家にしなくてはならない地域が
増えていくような気がします。
確かに住宅密集地では、燃え広がらないような対策が必要だと思いますので、
個々の耐火・不燃化対策は致し方ないような気がします。

だからといってコンクリートの建物にしなければいけないかと言うと、そこまでの
必要はなく、住宅程度の規模だと木造でも十分建築が可能なのです。

実際に現在建築中のこちらの現場がありますので、関心がある方はぜひ
営業部へお問い合わせください。
現場をご案内することも可能ですし、仕様につきましてもご説明させて
いただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。
sato

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にご相談ください

  • 見学会情報はこちら
  • 資料・お問い合わせ
  • 電話でのお問い合わせ