杉坂の家~25年前~その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の記事に引き続き、25年点検の様子をお伝えします!
今回は2件のお宅を紹介します。

まずはこちらのお住まい。

住宅地の一角に位置するこちらのお住まいは、
和と洋をバランス良く取り入れたいわゆる和洋折衷の佇まいです。
敷地形状に合わせるように設けたバルコニーや
暖炉用の円筒がアクセントとなっており、シンプルながらも
とても美しいデザインでした!

次は、ゆったりとした大屋根が特徴のこちらのお住まいです。

白い壁に梁と柱があらわれた、和の趣を感じる外観。
サイディング張りの住まいが主流となりつつある昨今では
むしろ希少なのではないでしょうか。


軒裏は板張りとなっており、木のぬくもりを感じられます!
都心部からは離れた立地のため、防火規制も厳しいものではなく
建物内部のみならず外部にも木を用いることができたそうです。
軒の出幅も大きいので重厚感があり、快適性にも優れています。

残念ながら今回は建物内部の紹介ができませんでしたが、
それぞれのお住まいの個性を少しでも感じていただけたら幸いです。

また機会がございましたらご紹介させていただきます!

渡辺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にご相談ください

  • 見学会情報はこちら
  • 資料・お問い合わせ
  • 電話でのお問い合わせ