洗面カウンター、復活。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社で建築した住まいではありませんが、縁あって見知っていただいたお客様よりご相談をいただきました。
かれこれ30年近く前、デザインや素材に結構こだわってお建てになった住まい。
ですが建築会社がなくなってしまい、どうしたら良いかとお悩みだったそうです。
洗面化粧台は造作されており、シックなトーンで全体との調和がとられていました。

ですが長く使っているうちに水はねや湿気の影響等が蓄積。
集成材で造られたカウンターは接着が弱まり、部分的に陥没が発生していました。
下の収納にも水が流れ込み、とても不便を感じていたそうです。

但しこれを取り替えようとすると結構大がかりになることが想定されます。
ここでは今後の耐水性も考慮して、人造大理石カウンターを上から被せる事を提案しました。
便器の裏側へ伸びる部分など結構複雑な形状であったものの、職人さんも頑張ってくれ、きれいに復活。

ストレスなくお使い戴ける様になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にご相談ください

  • 見学会情報はこちら
  • 資料・お問い合わせ
  • 電話でのお問い合わせ