三世代同居のためのトータル改修 リフォーム(横浜市戸塚区)

施工データ

所在地:
神奈川県横浜市
構造・階数:
木造2階建(築24年)
面積:
212.83㎡(64.25坪)

【事例写真】

【ビフォアフター】

こだわりポイント

弊社で約30年前に建築した、内外真壁、太い柱に曲り梁が架けられた古民家的佇まいの住宅です。30年前と家族構成が大きく変わった事をきっかけに、一世帯から三世帯同居型への変更を行った事例です。
構造はまだまだしっかりしていた為、そのまま用いる事を前提に補強を行いました。また快適・省エネ性能を引き上げる為、外張断熱工法を用いた性能改善を施すと共に、メンテナンスの少ない仕様に変更しています。
三世代が同居しながらそれぞれのプライバシーを保てる様に間仕切りを加える工事となりましたが、真壁造りの構造美は最大限残し、活かしました。

30年前に設置したキッチンは、機能的な劣化はありましたが無垢で作られた扉は味のある雰囲気になっていました。
そこで扉材(引き出しの面材も含む)だけとっておき、造作した新しいキッチンに再利用しました。

新築当時、広間の薪ストーブ置き場として使われていた大谷石。
ほぐして削り直し、囲炉裏の間の飾り床として再利用しました。

この住まいには古建具が数多く採用されています。完成写真で掲載できなかったものをお見せします。
昔の民家で厠の扉として用いられていたものに鍵を付け、現代のトイレに用いると乙な雰囲気です。

他の事例を見る

カテゴリーから探す

まずはお気軽にご相談ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加