床面積16.9坪。狭小住宅地に建つ快適な木の家 東京都世田谷区

施工データ

所在地:
東京都世田谷区
構造・階数:
木造 地上2階建て+小屋裏
面積:
44.80㎡

【事例写真】

こだわりポイント

駅から徒歩数分、商店街近くの住宅密集地。間口5.7m×奥行10m=約17坪という、コンパクトな敷地に建つ住宅です。このため、隣家が接近する環境の中でどの様に快適性を確保するかが問われました。幸い南隣家の窓が限定されていた為そちら側から最大限採光の確保をねらい、窓を大きく配する計画に。敢えて階段を南側に配置し、段板を格子状にすることで上下階に繋がりを持たせ、明るさや広がり感を最大限得られる様設計しました。更に抜け感のある空間を補うため、外張り断熱による高断熱化を実施。蓄熱式の床暖房などを採用し、どこにいても温度差のない快適性を実現しました。

他の事例を見る

カテゴリーから探す

まずはお気軽にご相談ください

  • 見学会情報はこちら
  • 資料・お問い合わせ
  • 電話でのお問い合わせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加